日本有線大賞2015にAKBのぱるるがいない理由は?

2015年の日本有線大賞にAKB48が出演しましたが、「ぱるる」こと、島崎遥香がいないと話題となっています。

今回はその理由についてサクッと調査しました。

<スポンサードリンク>

AKB48グループが色々な曲を披露してくれましたが、なぜかぱるるがいません。

気になった方もいるかと思います。

 

最初はたまたま映っていないだけかと思った人が多いですが、実は出演をしていません。

その理由は脚の火傷のようで、『(持病の)ぜんそくがあるので、気管を広げようとハーブティーを飲もうとしたら、こぼしてしまった』とのことです。

 

12日にトークライブアプリ「755」で左足の甲をやけどしたことを明かし、痛々しい包帯姿の写真を投稿したAKB48の島崎遥香(21)が15日、都内で「バイトAKBぱるる選抜」の発表会に出席。分厚い包帯姿で、やや足を引きずるように登壇した。最初から最後まで着席し、スリッパを履いた状態での異例の会見となった。

出典:デイリー

<スポンサードリンク>

当初は日本有線大賞までには間に合うという話だったようですが、残念ながら欠席したようです。

分厚い包帯で足を引きずっているあたりが、かなり酷い火傷だったようですね・・・

 

このことについてファンの方も心配されているみたいですが、最近のぱるるの塩対応がキツすぎて、ファンだけではなく、報道陣も苦い顔をしているという話もあります。

 

まあ、好き嫌いは仕方ありませんが、あまり酷い塩対応では色々なところからバッシングを受けて、良いことはあまりないと思うので、少しは笑顔を振りまいてもらいたいですね(笑)

 

ちなみに、先ほど紹介した会見でもかなりの塩対応だったとのことで、報道陣もうんざりしていたという話も・・・

 

早くよくなって元気な姿を見せてもらいたいものです。

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です