ワイルドヒーローズ風愛友お前は誰だの意味とは?感想ネタバレも!

遂に待望の1話が放送されたワイルドヒーローズ。今回はドラマを視聴した感想と視聴者の評価、そしてドラマで頻繁に出てきた「お前は誰だ?」についてです!

<スポンサードリンク>

ワイルドヒーローズ1話のあらすじ(ネタバレ)

ワイルドヒーローズ相関図

ワイルドヒーローズ1話の動画

1話の動画はこちら⇒日テレオンデマンドで視聴(4月26日まで視聴可能)

~キー坊と謎の少女の出会い~

医療機器メーカーの営業をしているキー坊(TAKAHIRO)が接待で営業先の先生と飲み屋で飲んでいたが、その飲み屋がボッタクリのお店で超高額な金額を請求され、ヤクザの事務所に連れて行かれてしまった。

そしてたっぷりと扱かれるのかと思いきや、突然少女(桜田ひより)が現れた事でキー坊に興味を無くし、帰ってよいと告げられた(どうやら少女はヤクザに捕らえられている様子)。

事務所を去ったキー坊は公衆便所に立ち寄るのだが、そこに先ほどの少女が逃げ込んできた。そして少女の後を追ってヤクザ達も声を上げながら公衆便所に徐々に近づいてきて、用をたしているキー坊を発見。

ヤクザはキー坊に少女の在処を尋ねるが、キー坊は知らないと一点張り(その時少女は個室の扉内側に隠れていた)。周辺を探すも少女を発見することは出来ず、ヤクザは諦めてその場を去った。

キー坊はヤクザと関わりたくなかったので少女を遠ざけていたが、ずっと付いてくる少女を結局1日だけ自宅に泊める事にする。

翌日、キー坊は少女にお金を渡して、出て行くように伝えて職場へ向かう。

~昔の仲間は今~

職場に向かっている道中偶然チョコ(岩田剛典)と再開。実に10年振りの再開である。チョコは現在カラオケボックスの店長をやっているとの事。キー坊はチョコから遊びの誘いを受けたが断り、その場を後にした。

他の仲間はというと、ミッキー(青柳翔)はバイク屋(三木輪業)を経営、テンテン(黒木啓司)はクリーニング店を経営、ポンジャラ(野替愁平)は万引きGメン、ピーちゃん(八木将康)はトラックの運転手をしているようだ。

~ヤクザ再び~

キー坊は仕事を終えて帰宅。少女の気配がないので一瞬心配になったが、押し入れから出てきた。その頃、ヤクザは少女を血眼になって探している最中。

そしてキー坊がいた公衆便所で少女が髪の毛に付けていた花を見つけ、キー坊が少女をかくまっていたと確信し、すぐにキー坊のアパートへ。

キー坊と少女がいるアパートにヤクザが来たが、キー坊はまた知らないふり。少女はベランダに隠れている。そしてキー坊はヤクザの車に乗せられ連れて行かれてしまうが、少女には事前にチョコのカラオケボックスに行って助けてもらうように話していた。

~キー坊と仲間の過去~

<スポンサードリンク>

キー坊がヤクザにさらわれて倉庫でボコボコにされている頃、チョコのカラオケボックスには昔の仲間(5人)が揃いキー坊の話をしていた。

10年前に暴走族をしていた仲間達。他のチームと抗争を予定していた当日にキー坊が姿を現すことは無かった。そして5人対100人で仲間はボコボコにされてそれ以来、裏切ったキー坊をみんなが恨んでいた。更に抗争相手からキー坊は「伝説のヘタレ」と呼ばれるようになった。

しかし、実はキー坊は逃げたわけではなく、その日は大学受験があったのだ。母親の為に死ぬ気で勉強をしていたキー坊。その事実をミッキーから告げられた仲間たちは一度も顔を見せなかった事に納得いかなかったが、キー坊が一番辛かったのだと思いが変わる。

~復活した仲間~

10年前の真実を知った仲間達の元に少女が助けを求めに来て、キー坊がここ(カラオケボックス)に来れば必ず助けてくれると言っていた事を伝えられる。そして仲間は捕らわれたキー坊の元へ。

その頃ヤクザ達は一切口を割らないキー坊に手こずっていた。手を焼いたリーダーの田川(塚本高史)はある人物と電話をし、最後の手段を使えと言われる。更に、情報を聞き出した後に殺すようにも指示された。

そこへ「風愛友」の特攻服を着た仲間が参上し、ヤクザ達との乱闘が始まる。結果、勝利したキー坊達。そして10年前の出来事を埋めるかのように話が弾んで心を開いていった。

~黒幕の存在~

一件落着したところに、キー坊達が昔から世話になっている刑事の赤城(陣内剛志)が登場。どうやら少女を探していたようだ。そこで初めて少女の名前を知る。少女の名前は日花里。

赤城刑事は親の元へ帰すと言って日花里の手を取る。心配そうな日花里だったが、キー坊の「この人は信頼出来る」の言葉にうなずき、赤城刑事に連れられてキー坊達の元を去っていく。キー坊達もこれで安心だという表情。

しかし、日花里を連れて行った赤城刑事はヤクザのリーダー田川の電話相手。キー坊を殺せと指示したのも赤城だったのだ・・・・2話へ続く・・・

 

1話の感想

ワイルドヒーローズ原作

ワイルドヒーローズの初回放送(1話)を観ての感想は、思っていたよりもストーリー展開が早いという事です。さすがに少女(日花里)の謎については明らかにされませんが、黒幕の一人の正体が明らかになりました。

また、多くの人が気にしていたEXILE TRIBEの演技力については、たまに不自然なシーンがありましたが、特に戦力外捜査官での評価が高かった今回主演のTAKAHIROさんや、現在ドラマに引っ張りだこの青柳翔さん、そしてディアシスターで人気が爆発した岩田剛典さんは安定感がありさすがだと感じましたね。

個人的には野替周平さんの演技は堂々としていて好きです。男前ですし、今回のドラマを機に人気が爆発しそうな予感です。

そして、ワイルドヒーローズには原作がなく、完璧なネタバレがないのでストーリーを予測しながらも楽しめるドラマだと思います。

 

風愛友、お前は誰だ?の意味とは?

ワイルドヒーローズ特攻服

1話で頻繁に出てきた「who are you?」「お前は誰だ?」というセリフ。特攻服(チーム名)も「風愛友(who are you)」で、深い意味がありそうですね。

実際に少女「日花里」の正体が不明で、1話ではキー坊(TAKAHIRO)が日花里に対して「お前誰だ?」というセリフがあります。

ですので「お前は誰だ?(who are you)」という言葉は謎の少女に対して。また、それぞれが自分を殺して生活している自分に対してなど、色々な意味が含まれているのだと予想できます。

2話以降はストーリーと合わせて風愛友の本当の意味についても意識を向けて観ればよりワイルドヒーローズの楽しみが増えますね。

ワイルドヒーローズの撮影が色々な場所で行われているようです⇒ワイルドヒーローズの撮影場所は?TAKAHIROが沼津に出現!

それでは今回の

いいね!ワイルドヒーローズを観て悪い意味で影響受ける人がいなければ・・・いいね!

どうでもいいね!実際に「風愛友」っていう暴走族がいたら凄くダサい・・・どうでもいいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です