Warning: Declaration of cy_search::widget() should be compatible with WP_Widget::widget($args, $instance) in /home/mokotarou/funny-plus.com/public_html/wp/wp-content/themes/Infinite/widget/widget-search.php on line 0
関東のプールで家族や子供連れでオススメなランキング2015年版 | FUNNY+

関東のプールで家族や子供連れでオススメなランキング2015年版

文字サイズ:||
目次1 関東プールランキング1.1 3位1.2 2位1.3 1位2 最後に アウトドアが好きな人にはたまらなく楽しい季節「夏」。そして夏といえば海!という方も多いか...

アウトドアが好きな人にはたまらなく楽しい季節「夏」。そして夏といえば海!という方も多いかと思いますが、家族皆や子供を連れての海はちょっと・・・と、心配される方も多いようです。

そんな方にもってこいなのが「プール」。今回は家族や子供連れでオススメのプール(関東)をFUNNYプラス(当メディア)がランキング形式で紹介します。是非、参考にしていただき、夏の家族計画に取り入れてみてはいかがでしょう?

<スポンサードリンク>

関東のプールと行ってもかなりの数があり、知名度があるプールに絞っても50以上もの施設があります。その中から家族や子供連れでおすすめの定番プール施設を紹介します。それでは早速いってみましょう。

 

関東プールランキング

東京都内からのアクセスや家族や子供連れなどを考慮し、更には多くの人が「行ってみて満足している」「行ってみたい」という鉄板の定番プール3選です。

 

3位

よみうりランド(東京都稲城市と神奈川県川崎市多摩区にまたがる場所)

よみうりランド

ジェットコースターや観覧車などの遊戯からバンジージャンプまである遊園地。毎年夏になると「WAI(ウォーター・アミューズメント・アイランド)」というプール施設がオープンし、大人から子供まで多くの人が訪れるスポットです。

よみうりランド(WAI)の特徴は5つのプールと3つのスライダー。

5つのプール・・・砂浜に見立てたビーチがあり、最大で0.6メートルの波が楽しめる「波のプール」、1周250メートル、水深1メートルの「流れるプール」、泳ぐのを存分に楽しめる「スイミングプール」、水深5メートル、そして高さが最大で2メートルの飛び込み台がある「ダイビングプール」、水上のふわふわ滑り台や噴水、ジャムおじさんのパン工場など色々とある「それいけ!アンパンマンプール」。

3つのスライダー・・・長さ約390メートル、高さ約25メートルをゴムボートで滑り落ちるスライダー「ジャイアントスカイリバー」。カーブを存分に楽しめる長さ107メートルのスライダー「スラロームスライダー」。最大勾配28度で長さが約42メートルの急降下を体験できる「直線スライダー」。

また、水泳道具や遊具などを販売しているショップやレストランもWAIの施設内にあるのでとても有意義な1日を過ごせます。

大人はもちろん、子供の年齢に合わせて選べるプールがあるので家族や子供連れにオススメです。

よみうりランド(WAI)の料金

・プール入場料(プール入場+遊園地入園):大人(18歳以上)2900円、子供(3歳~高校生)1900円、シルバー(60歳以上)1900円。

・プール付ワンデーパスポート(プール入場+遊園地入園+のりもの乗り放題):大人(18歳以上)4700円、子供(3歳~高校生)3700円、シルバー(60歳以上4700円。

よみうりランド(WAI)の詳しい情報はこちらをご覧ください⇒よみうりランド公式ホームページ

 

2位

東京サマーランド(東京都あきる野市)

サマーランド

「夏だ!プールだ!サマーランドだ!」でお馴染みのサマーランド。夏のテーマパークと言ったらサマーランド!という方も多いのでは?

サマーランドは夏に特化したテーマパークだけあって施設の充実度がかなり良く、特徴は天候を問わずに遊ぶことのできる屋内施設と屋外施設があることです。

屋内施設・・・屋内施設は「アドベンチャードーム」といって、天気を気にせずに楽しめるプール施設。プールに行く予定だったのに運悪く雨・・・といった状況でも楽しく遊べます。また、プールに行きたいけど日焼けはヤダな・・・という方も満足できる施設です。

アドベンチャードームには高さ70センチの波が楽しめる波のプールや、スライダー。まるで地底湖のような温水プール。そして軟水ジャグジーといったリラクゼーション施設からみらーめいずという鏡の迷路や100台のゲームがあるゲームパラダイスまで完備しています。

屋外施設・・・屋外施設は「アドベンチャーラグーン」といって、子供が喜ぶスライダーはもちろん、岩登りやトンネルくぐり、滝登りなどの小さな冒険が楽しめるアドベンチャーフォール。1.2トンの水を溜めた大樽がひっくり返り、頭上から一気に水が掛かるサマーランドの名物「アクアファン」。そして温泉もあります。

サマーランドは子供専用に作られた浅瀬(水深0~30センチ)のプール「キッズベイ」があり、水が苦手な子供も楽しく遊ぶことができます。

サマーランドはプール!というイメージが強いですが、家族で楽しめる「ファミリーパーク・スポーツ」という施設もあり、家族で仲良くデイキャンプやあじさい園などを楽しむ事が出来るので、1年に1度は行ってみたい施設ですね。

サマーランドの料金(夏季期間7月1日~9月30日)

入園券(入園+屋内プール+屋外プール+各種ウォータースライド):大人(中学生以上60歳まで)3500円、小学生:2500円、幼児・シニア(2歳~未就学時・61歳以上)1800円

フリーパス券(入園券+乗り物乗り放題※一部アトラクション、コイン遊戯機を除く):大人(中学生以上60歳まで)4500円、小学生:3000円、幼児・シニア(2歳~未就学時・61歳以上)2000円

サマーランドの詳細はこちらをご覧ください⇒サマーランド公式ホームページ

<スポンサードリンク>

1位

としまえんプール(東京都練馬区向山)

としまえん

としまえんの魅力はなんと言っても人気ナンバーワンのウォータースライダー「ハイドロポリス」。ハイドロポリスには体で滑るスライダーが複数あるAタワー、専用の浮き輪で滑るスライダーがあるBタワー、スピードとスリル満点の上級者向けのスライダーが揃っているCタワーと、3つのスライダータワーがあります。そして注目は高さ11メートル、長さ53メートルある東日本初登場のビッグエアスライダー「ハイドロポリス エア」を体験する事が出来ます。

また、透明なボールの中に入って水の上を転がる「アクアボールQ」や「アクアロール」、そしてドクターフィッシュに皮膚の古くなった角質を食べてもらえる施設「セラピーフィッシュ」もあります。

プール以外にもアトラクションはもちろん、バラエティに富んだグルメエリアやショッピングエリアも充実しているので、家族や子供連れで1日中飽きずに楽しむ事ができるのでオススメです。 そしてプールエリアや遊園地エリアでキャッシュレスで買い物ができるシステム「キャッシュレスタグ」が導入されているので、お財布を管理するわずらわしさを無くしてストレス無く安心に1日を満喫する事ができます。

としまえんの料金

プール入場券(入園+プール入場):大人(中学生以上)4000円、子供A(身長110センチ以上)3000円、子供B(身長110センチ未満)

としまえん(プール)の詳細はこちらをご覧ください⇒としまえんの公式ホームページ 

 

最後に

プール施設には屋外や屋内、またアトラクションには身長制限もありますので、家族で話し合いながら是非楽しい2015年の夏を過ごして頂ければと思います。また、お出かけの際は事故はもちろん、ご自身の体調、子供の体調に気を使い良い思い出を作って下さいね。

それでは今回の

いいね!サマーランドのポスターが毎年面白い⇒サマーランドのポスターまとめ・・・いいね!

どうでもいいね!オッパピーでスライダーを滑るお笑い芸人の小島よしお⇒小島よしおがスライダーでオッパピー・・・どうでもいいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

<スポンサードリンク>


PREV:ぶどう茶って誰?ヒカキンが炎上して謝罪した理由は何?
NEXT:横浜のビアガーデンランキング2015年とおすすめのおいしい料理!
カップヌードルパスタスタイルの味はまずい?感想と評判を調査!

カップヌードルパスタスタイルの味はまずい?感想と評判を調査!

ガリガリ君歯磨き粉にレモンスカッシュ味が登場!評判と在庫を調査

ガリガリ君歯磨き粉にレモンスカッシュ味が登場!評判と在庫を調査

6月病と5月病の違いって一体なに?!どんな原因や対策があるの?

6月病と5月病の違いって一体なに?!どんな原因や対策があるの?

マジックバインの作り方(撮り方)とトリック動画の方法を解説!

マジックバインの作り方(撮り方)とトリック動画の方法を解説!

GYG(グズマンイーゴメズ)原宿の待ち時間とメニュー!値段は?

GYG(グズマンイーゴメズ)原宿の待ち時間とメニュー!値段は?

アイスモンスター表参道の待ち時間とメニュー!値段が高いと評判?

アイスモンスター表参道の待ち時間とメニュー!値段が高いと評判?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です