谷島賢(やじままさる)社長の経歴が凄い!イーグルバスの復活劇とは

埼玉県川越市で路線バスを営むイーグルバス。

この赤字路線を独創的な発想と手腕で改善に導く社長こそが今回紹介する『谷島賢』さんです。

<スポンサードリンク>

 

谷島賢社長のプロフィール

1954年埼玉県生まれ
2005年11月英国国立ウェールズ大学 大学院MBA卒
現在埼玉大学大学院理工学研究科博士後期課程在籍中。
1978年 東急観光株式会社に就職
1981年 同社退社
イーグルバス㈱入社・イーグルトラベル㈱入社
1996年 イメディカ㈱設立 社長就任
2000年 イーグルバス㈱代表取締役社長就任し現在に至る
2009年 イーグルトラベル㈱代表取締役社長就任し現在に至る
2011年 関東運輸局選定の初代『地域公共交通マイスター』に選ばれる
2012年 日経BP社が表彰する第11回「日本イノベーター大賞」優秀賞受賞

 

経歴が凄い!

イーグルバス

現在、谷島賢さんはイーグルバスの社長としてご活躍中であるが、プロフィールを見て不思議に思われた方もいらっしゃるかと思います。

社長職という多忙な毎日を過ごされているであろうに外国の大学を卒業し今尚、埼玉大で勉強中とか。

「どこまで勉強がすきやねん!」と突っ込みたくもなるがその向上心には脱帽ものです。

 

このバイタリティーや好奇心があるからこそ疑問や発想が次の段階へとステップアップし、併せてそれに伴う実行力が今の業績回復につながっているのでしょう。

 

イーグルスの復活劇

<スポンサードリンク>

ただ単に決まった路線を往復するだけの既存のバス会社。

普通に考えてもこの少子化の時代、バスの利用は先細っていくことは目に見えているし、実際に廃線となるバスも年間1000キロにも及ぶとか。

 

そんな状況下、谷島社長は問題点を徹底的に洗い出し、尚且つ地域と密着した路線の再構築に挑まれます。

運輸畑を歩まれたからこそ分かる事もあるだろうし、地域の名所旧跡などを紹介しながら、街全体として発展していこうとする前向きな姿勢に多くの方が共感、賛同しその結果がこの業績の回復なのでしょう。

 

最後に

先にも言った通り、将来的に少子化が進み不安要素の山積するこの日本で、果たして運輸や観光の様なサービス業が生き残れるのかと心配する声もあるが、確かに今の現状に甘んじ、何もしなければ自然と淘汰されていく事でしょう。

谷島賢さんのようにそこに新しい価値観を見出し、常に利用者目線で改善を怠らなければ希望の光も見えてくると信じたいですね。

 

それでは今回の

いいね!街全体として発展していこうとする谷島賢さんは素晴らしい・・・いいね!

どうでもいいね!「イーグルバス」って名前がなんか格好いい・・・どうでもいいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です