ひでぼうは結婚してるが実はオネエ?本名とタップダンスが男前!

今、話題のダンサー、HIDEBOH(ひでぼう)さん。

Funk-a-Step」なるジャンルを作り注目されている彼ですが、本業以外でもなにかと注目されているようですね。

 

ルックスがどちらかといえば、中性的。

そのため、結婚しているのか否か、オネエなのか? といったことが注目されがちのようです。

 

また、HIDEBOHというめずらしい名前故に、本名が何なのか?ということも気になりますね。

<スポンサードリンク>

HIDEBOHは結婚しているぞ!

ひでぼうさんは、はたして結婚しているのでしょうか?

それから「結婚」とくれば当然、「子供の有無」も気になるところ。

 

結論から申しますと、2011年3月に奥さんと結婚式をあげているようです。

 

そう、このタイミングといえば、「東日本大震災」。

震災直後だったものの、幸い結婚式を挙げることができたといいます。

 

この奥さんは真奈美さんという人のようで、ふたりの間には子供も存在しています。

 

ちなみに、HIDEBOHさんが子供と写った写真というものがあります。

このレディーは彼の子供かどうかは不明ですが、とにかく奇抜な髪型です。

 

HIDEBOHはオネエという噂が・・・

オネエという噂が多くありますが、ひでぼうさんがオネエというのは一般的に考えてないのではないでしょうか?

 

ただ、女性っぽいルックスの人であることは確かですよね。

だからそういう風に見られてしまうのでしょう。

 

ちなみに写真を見てみると、いろんな雰囲気のものが存在しますね。

「たしかにそれっぽい!」というのもいくつかありました。

 

あと、オネエの人といえば、ピンクというイメージがありますが、コレなんかモロですね……。

 

「こちらが僕の両親、林家ペー&パー子です」とは言ってませんからね。

しかしそれを感じさせるようなオーラをまとっています。

HIDEBOH

 

しかしあくまで本人はノーマルです。

「ヒャッハー」と言ってシャッターを連射をするような人ではありません。

 

だけど雰囲気的にそういう感じはある、といったところなのではないでしょうか。

 

HIDEBOHの本名が男前!

<スポンサードリンク>

北斗の拳の「ひでぶー」ではありませんからね。ひでぼうです。

そして「HIDEBOH」とは「秀坊」をアルファベット化したものです。

 

彼の本名は「火口秀幸」といいます。

オネエどころか極めて男性的な名前だったんですね。

 

ちなみに同じ「ひぐちカッター」はしません。

火口秀坊

 

ひでぼうさんは自分自身だけではなく父親もダンサーでした。

 

火口親幸に火口秀幸ですから、ダンスってイメージじゃないですね。

どちらかといえば、「刀鍛冶」のような名前です。

もしくは花火師の親子のようです。

 

でも本業は素晴らしいタップダンサー(動画)

 

しかし人名というのも不思議なものですね……。

 

まとめ

ひでぶー

「HIDEBOH」が「火口秀幸」とはやっぱりピンと来ませんねえ。

あのルックスを見て火口秀幸とはやっぱりどうしても想像しづらいです。

 

しかし、とにかくオネエではないようでよかったですね。

いろんな意味で・・・。

 

そもそも奥さんや子供がいてオネエだったら、いくらなんでも生活が成り立たないでしょうから。

それでは今回の

いいね!ダンスの実力は、北野武さんに「タップの師」と言わせる程・・・いいね!

どうでもいいね!林家ペー&パー子夫妻の生活は成り立っているのか・・・どうでもいいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です