ドS刑事で多部未華子が代官様と呼ぶ理由は何で?黒井の父親が関係?

ドS刑事で黒井マヤ(多部未華子)が代官山脩介(大倉忠義)の事を代官様と呼んでいますが、その理由は何なのでしょうか?また、黒井マヤの父親と関係があるのかどうか?という事について調査しました。

<スポンサードリンク>

黒井マヤが代官様と呼ぶ理由

ドS刑事黒井マヤの父親

ドラマ「ドS刑事」では黒井マヤ(多部未華子)と代官山脩介(大倉忠義)が出会って間もなく黒井マヤが代官山脩介の事を「代官様」と呼んでいます。特にドS刑事の原作を見たことがない方であれば「何で会って間もない下っ端(交番の巡査)の代官山の事を黒井マヤ(巡査部長)が代官様なんて呼んでるの?」「何か深い意味(裏)があるんじゃないのか?」とか、色々と考えてしまいますよね。

でも、何で黒井マヤ(多部未華子)が代官山脩介(大倉忠義)の事を「代官様」と呼ぶのかというと、黒井マヤの父親が裏で・・・という理由ではなくて、「アダ名」です。・・・「おいおい、それだけかよ?」と思ってしまうかもしれませんが、黒井マヤが代官山脩介を呼んでいる名前「代官様」は単なるアダ名なんです。

ちなみにドラマ「ドS刑事」の原作は「七尾与史(ななおよし)」さんの人気作「風が吹けば桶屋が儲かる」「朱に交われば赤くなる」「三つ子の魂百まで」というシリーズの推理小説です。そして、原作でも代官山脩介は黒井マヤに初対面にも関わらず「代官様」とアダ名を付けらました。

<スポンサードリンク>

そして物語が進むに連れて、代官山はいつしか他の刑事からも「代官様」と呼ばれるようになります。原作では他の刑事たちからも「代官様」と呼ばれるようになりますが、原作をドラマ化した「ドS刑事」はどうなっていくのでしょうか?

その辺りもこれから2話、3話と物語が進むに連れて注目、そして楽しむべきポイントだと思います。ロケ地情報も確認してみて下さい⇒ドS刑事のロケ地は川崎!公園(葛西)と横浜も撮影場所か!?

 

黒井マヤが代官山脩介に目を付けた理由

ドS刑事多部未華子

黒井マヤが代官山脩介の事を「代官様」と呼ぶのと同じくらい多くの方が感じているのは、「なぜ初対面で冴えない交番勤務の警察官(代官山)を相棒にしたのか?」という疑問です。

その理由は、ドラマ「ドS刑事」の1話序盤で代官山脩介が事件現場の警備をしていた時のこと。捜査の為に現場にやってきた黒井マヤの事を巡査部長と知らず、部外者だと思って必死に制止する代官山の行動が黒井マヤの目に留まったのが恐らく黒井マヤが代官山脩介を強行犯捜査係の一員に強制的に迎えた理由だと考えられます。

代官山の正義感溢れる行動に黒井マヤは何か光るものを感じたのではないでしょうか。⇒ドS刑事1話で代官様がどんぐりころころを歌う理由と末永みらいについて調査!

 

最後に

ドS刑事の1話から冴えないながらも何か光るものを感じる代官山(大倉忠義)。そしてそれにいち早く目を付けて相棒にした黒井マヤ(多部未華子)。物語が進むに連れての二人の関係性と黒井マヤの過熱するドSっぷりに目が離せません。

それでは今回の

いいね!ドS刑事が映画化されたら黒井マヤは「栗山千明」、代官山は「堺雅人」をイメージすると、原作の著者「七尾与史」さんは話ている・・・いいね!

どうでもいいね!黒井マヤが刑事になった理由は殺人現場マニアで死体が見たいから・・・どうでもいいね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です